ACT.JT

真伎楽「仮面」マスクロードプロジェクト/メモリアル。ACT.JT

Menu

真伎楽「仮面」

自身の海外での演劇修業によって、演劇において仮面が新たな身体表現を生み出す重要な装置であることを再認識した万之丞氏は、真伎楽を発表することによって、現代に再び仮面をクローズアップさせたいと考えました。そもそも伎楽とは、別名「呉歌舞」ともいわれ、6世紀から7世紀にかけて中国大陸から日本にもたらされた仏教芸能で、わが国最古の仮面劇とされています。鎌倉時代に狛近眞が編纂した『教訓抄』には、推古二十年(612)年に、百済国の味摩之によって日本に伝えられたことが記されています。

万之丞氏が構想を始めた当初は「新伎楽」という表記でしたが、十年の歳月をかけて伎楽のルーツを探し続けた結果、真の伎楽つまり真実の伎楽が相応しいと思うようになり、太古の昔に伎楽をつくって伝えた人々が伎楽にこめた真を探し、真伎楽も真を伝えるものにしたいと考え、「真伎楽」と名付けました。

そして、「真伎楽」はマスクロードプロジェクトとして、かつてのシルクロードを遡行していく壮大なプロジェクトを2001年にスタートさせました。

写真左上:婆羅門と呉公、呉女、崑崙、金剛、力士。写真右上:行道。写真左下:迦楼羅。写真右下:治道と獅子。

写真左上:婆羅門と呉公、呉女、崑崙、金剛、力士
写真右上:行道
写真左下:迦楼羅
写真右下:治道と獅子。

マスクロードプロジェクト

マスクロードは日本から出発する21世紀のシルクロードです。

かつてのシルクロードは、ステップロード(草原の道)、オアシスロード(憩いの道)、シーロード(海の道)から成り立っていました。その三つが混ざり合った終着地が日本でした。それゆえ日本には多くのアジアの断片がミックス文化となって残っています。21世紀にはそれらの超過去の文化を超未来に向けて今日的に再生し、アジア中にお里帰りさせなければならないと考えています。

その共通のキーワードになるのが仮面です。

仮面は見えない心と見えない神をつないだ、人間が一番最初に編み出した、見える物品です。かつて、ユーラシア大陸全体には、“ユナイテッド・ステイツ・オブ・アジア=アジア合衆国”としての、共通の考え方がありました。その中から生まれた芸術が「伎楽(ぎがく)」でした。伎楽は新石器時代のユーラシア大陸全体に広がる神話を元に作られ、拝火教を中心とする太陽信仰やさまざまな宗教と交わりながら各国へ伝播していきました。しかし、今はその芸術がどんなものであったか誰も知ることはできません。ですが幸いなことに、残すことを大切にした日本には、伎楽の仮面がいくつか現存しています。そこで、私は伎楽をアジアの俳優たちと今日的に再生して新しく生み出すことが、文化産業を目指す21世紀の日本の在り方につながるのではないかと考えました。

21世紀はアジアの時代だといわれていますが、その実態や思想は一向に明らかになっていません。まして、アジアの時代を現実に見せてくれるものも何ひとつ現れていないのです。そこでアジアの、ミックス・ファジー・シンプルという三つのキーワードを元に創造されたのが、“21世紀の見えるアジアの姿=マスクロードプロジェクト「真伎楽(しんぎがく)」”です。

古代オリンピックはスポーツ・芸術の祭典でした。しかし現在、近代五輪はスポーツのみの祭典になっています。そこで21世紀には芸術の祭典・アートオリンピックを生み出す必要があるのです。その試金石になるべく伎楽を再生した『真伎楽』は、2001年に誕生いたしました。

かつて伎楽を伝えてくれたアジア各国へ『真伎楽』をもって遡り、やがて西洋から世界へと発信する大きな流れを創ろうというのがマスクロードプロジェクトです。21世紀は文化交流から文化共有の時代です。

(2002年 真伎楽公演パンフレットより)

主な上演記録

2001年
■アジア大都市ネットワーク21 協力事業展 「楽劇真伎楽」(東京・都庁前広場)
■大和路歴史首都ルネッサンス 「楽劇真伎楽」(奈良・国営飛鳥歴史公園「あすか風舞台」)

2002年
■野村万之丞出版紀念パーティー「楽劇真伎楽」
 (東京・赤坂プリンスホテル新館クリスタルパレス)
■マスクロードプロジェクト2002「楽劇真伎楽」(福岡・大宰府市中央公民館市民ホール)
■日韓国民交流年記念事業「楽劇真伎楽」
 (韓国・扶余市・クドゥレナルド公園、ソウル市・景福宮民博物館前)
■マスクロードプロジェクト2002 「楽劇真伎楽」(静岡・静岡グランシップ大ホール)
■スミソニアンフォークライフフェスティバル2002 シルクロード展「楽劇真伎楽」
 (アメリカ・スミソニアン博物館)
■アジア舞台芸術祭2002東京「楽劇真伎楽」(東京・東京国際フォーラム ホールB)

2003年
■2003マスクロードプロジェクト「楽劇真伎楽」(東京・国士舘大学内多目的ホール)
■2003マスクロードプロジェクト「楽劇真伎楽」(京都・京都芸術劇場「春秋座」)
■若狭路博2003 水と炎の千円祭「楽劇真伎楽」(福井・若狭博会場)
■大和路歴史首都ルネッサンス 飛鳥京ルネッサンス「楽劇奈良楽」
 (奈良・国営飛鳥歴史公園「あすか風舞台」)
■世界文化賞受賞者歓迎夕食会(東京・明治神宮)

2004年
■2004マスクロードプロジェクト「楽劇真伎楽」(北朝鮮・平壌)
■福岡芸能ルネッサンス はかた楽劇「鴻臚館物語」
 (福岡・福岡市舞鶴公園内鴻臚館跡特設ステージ)