ACT.JT

歌垣「歌謡」/メモリアル。ACT.JT

Menu

歌垣「歌謡」

4番目の楽劇作品として、未完となった「歌垣」は古代日本で行われていた習俗でした。ハレの日に男女が集い、互いに向かい合って歌を掛け合い求愛する行事です。この作品を創作するには、現在でも風習として残っている、中国南部や東南アジアの少数民族の中に入り共に生活し、研究を重ねることが不可欠です。アジアや日本の歌へどのようにつながっていたのか、構想も残っていません。