ACT.JT

猿楽「物真似」/メモリアル。ACT.JT

Menu

猿楽「物真似」

楽劇作品の根底には本職である「狂言」がありました。狂言という幹から楽劇の枝が伸びていったと言えるでしょう。演技とは物真似でもあります。能楽の母ともいえる「猿楽」を再興することで、楽劇作品を作り続けた最後の到達地点にたどり着くという思いがあったのではないかと推測するばかりです。